青汁を買おうと思っているけど、どんな青汁があるの?

青汁とは青菜を丸ごと使った飲み物ですね。

青汁に使う原料はかつてはケールが有名でケールを使った青汁は青臭く罰ゲームに使われるほどで決しておいしいものでは無かったのですが、それでも健康維持のために毎日飲むというようなものだったように思います。

しかし最近はケール以外の青菜を使うことも多く「青汁=マズイ」というイメージは薄れ、罰ゲームに使えるようなマズイ青汁を探すのはなかなか大変です。それでも、不味い青汁は間違いなく存在します!

特に人気の青汁はおいしく(というとやや語弊もありますが)、全く癖のない味になっており飲みやすく、毎日飲むことが苦痛になるような味ではありません。

青汁は青菜の汁です。青菜を液体状にした汁が青汁ですから、想像してもらうとわかるように、おいしそうなものではありません。

生の青菜を大量に食べることはなかなか難しいですが、青汁のようにしてしまえば、そのまま食べるより遙かに沢山食べることができそうですよね。

だから青汁は身体にいいといわれているのです。

簡単に言ってしまえば、野菜を食べる代わりが青汁なのです。

青汁を飲めば野菜を食べたのと同じ効果があるの?

青汁を飲もうと思うきっかけって何でしょう?野菜不足を補う為に青汁を飲んでみようという人が多いのではないでしょうか。そもそも青汁は、健康維持の為には野菜を沢山食べる必要があるけれど、食べられる野菜の量には限界があることから野菜を粉砕することでもっと沢山の野菜と摂ろうということで作られたものです。青汁の効果というのは原料の青菜の効果にほかなりません。私たちに不足しがちな野菜を補うために青汁を飲むと考えるのが最も自然でしょう。

「野菜不足を補うおすすめ青汁ランキング」の続きを読む

青汁は原材料成分で効果も異なる

当たり前ですが、青汁は原材料によって効果効能は異なります。

青汁の原材料には、ケールや明日葉、大麦若葉などが有名ですが、どの青菜もそれぞれ栄養価が異なります。

青汁の原料としては最も有名なのがケールですね。ケールは野菜の王様といわれるだけあってカルシウムやビタミンCなどが他の青菜に比べると格段に多く含まれています。

青汁=マズイというイメージがあるのはこのケールの青汁です。ケールを使うとどうしても青臭い傾向になります。今でもケールを使っている青汁はその傾向があります。そのためかケールの青汁はあまり多くありません。

それでも最近のケールの青汁は昔の青汁のような、罰ゲームに使えるような不味さはかなり減っていまして、ちょっと青臭さがある程度に仕上っています。

青汁の原材料成分で比較

青汁は原料となる青菜によってその効果が異なりますが、効果の違いを飲み比べることで分かるかというと難しいところでしょう。飲んですぐに効果が分かるというものではなく飲み続けることで効果がみられるものですし、効果の出方も人それぞれです。しかし、どんな青汁にしようかと迷っているなら、原料や味への工夫などを比較して選ぶのがポイントになります。

「青汁の原材料成分で比較」の続きを読む

おいしい青汁はどれ?!

最近の青汁は"おいしい"とよく言われます。

”おいしい”と一口に言っても文句なしに『おいしい』と感じる青汁と『あっ飲みやすい、これなら毎日ストレスなく飲める』というおいしさなどがあるでしょう。

青汁は青菜の汁を飲んでいるのですから本来はおいしいものではないと考えた方がいいのです。青菜というのは、虫などに食べられないように苦みがあったりするものなので、子供などは特においしいとは思わないでしょう。

実際、青汁が最初に世間に認知されたのは、キューサイの「う~まずい、もう一杯」というCMではないでしょうか。

ところが最近は、そんな不味い青汁を美味しくなるように飲みやすくなるように各青汁メーカーが色んな工夫をしているのです。

そのおかげで人気の青汁で「不味い!」という青汁はあまりありません。とはいえ全くないわけでもありません。

では、本当においしいのか?と訊かれると”おいしい”と言い切るには微妙な味の青汁が多いのも事実です。

おいしい青汁はどれ?!

青汁は飲んでみないと味は分かりません。しかし、一般的に青汁は不味いと思われていますから、どれがおいしい青汁なのかは気になるところでしょう。味は個人差が大きいので実際に飲み比べれば一番いいのですが難しいのが現実です。味のヒントになるポイントなどを含めておいしい青汁を紹介していきたいと思います。

「おいしい青汁はどれ?!」の続きを読む

青汁の比較は難しいので人気で選ぶ

いざ青汁を飲もうと思っても種類がたくさんあり過ぎて何を基準に選べばいいのか混乱してしまう人もいるでしょう。人気が出るとそれを追随するように色々な会社が作りますから選ぶ方としてはなかなか大変でもあります。

青汁を比較する時によく使われる要素は『原材料』『味』『価格』『口コミ』です。

原材料に何が使われているのかで栄養素も異なりますし、味も異なります。

毎日飲むならおいしい青汁が飲みたいでしょうが、味は飲んでみないとわからないので、一番無難なのは人気の青汁を選んでしまうことでしょう。人気の青汁で不味いものはあまりないと思って大丈夫でしょう。

青汁は毎日飲みたいものですから価格も比較しなければなりません。

味も価格も人気の青汁なら平均的なところですから、失敗は少ないと言えるでしょう。

更新日:2019/01/15 9:51:07

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。